<過去記事>ぶっちゃけ、ナンパ、楽しいですか?

Pocket


はいどうも~

ご無沙汰してます金太郎です。

ハロウィンがっつりやったらその後で記事書こかな!と思っていたらその後風邪というやつを引きやがりまして、気づいたら今日ですね!

ハロウィンについてさらっと書いておきますと、

メインの金土日とナンパ師3人で渋谷のクラブ密集地あたりに部屋を借りて乱とかももくろみつつ、学際とかにもいきつつの万全の態勢で臨むも頑張るも結論から言うと万全の態勢で坊主

という感じでしたねw
ま、来年のハロウィンでは5:5の乱くらいやらかしてることでしょう。
布石ってやつですね。
はい、強がりです。

そういえば某マシーン氏はハロウィンで原始人の恰好をしていたのですが、
いつも通りの声掛けをしていたら声をかけた女性に「蹴られる」という
なかなかないやつをハロウィンでやってくれたそうです。

さすがの僕も罵声を浴びたことはあれど蹴られたことはないので、
なんというか、まぁ勇気づけられました。皆さん気を付けましょう。

さて、そんな感じでハロウィン振り返りが終わり、ここからが本題です。

みなさん、ナンパ、楽しいですか?

正直、僕はナンパ、楽しくないですw

はい、
いきなりシリアスなやつ持ってこられても普通に笑えないですねw

地蔵脱出講師とかぬかしてるくせに、
お前がナンパ楽しくないとかどういうことや!

ってなりますもんねw

いやもちろん、合流したりしてるときはめちゃくちゃ楽しいです。

ガンシカされて帰って大爆笑されたり、
人がガンシカされてるの見て大爆笑したり、
声かけてるのを合流してる人が見て笑ってくれたり、
合流してる人に変な声掛け無茶振りして、それを見て大爆笑したり

めっちゃ楽しいです。基本性格悪いやつですがw

けど、それに比べて完ソロで楽しいって、今まであんまりなかったんですよね。

1年半ちょっとやってきて何回かは、

(あーこれ楽しい、ずっとやれるわ)

って状態になってたんですが、
それはフローに入ってた時の楽しさであって
(フローについては次の記事あたりで書きます)、

ナンパそれ自体が楽しいってわけじゃなかったんです。

twitterとかみてると、

「ナンパしたい。仕事の間も考えてる。ナンパしたい。」

みたいなつぶやきとか、

「ストリート中毒になってしまった。。」

みたいなのとか、

「ああああああああああああ早くストに出たいよおおおおおおおおお」

みたいなのとかがあって、

(うそやん、そんなナンパしたいことあるかよ、)

と斜に構えつつ、

(そんな状態になれたら楽しいやろうなぁ、ええなぁ)

とも心の底では思ってました。

そんなひねくれ系男子の僕ですが、ついに昨日、

(あれ、声かけるのって…楽しい…!?)
(早く声かけたいな~わくわく)
(ガンシカか~そかそか、次いこ、あー楽し)

というナンパ楽しっ!!の境地に達しましたので
その時のニュアンスを。

昨日やったことで、いつもと違うことを振り返ってみると、
①携帯と財布をおいて手ぶらで街に出た
②声掛けんくても別にいい、ぶらっとしよう、という感じで街に出た
③自分がやってみたいと思うオープナーを試してみた

ってのがあがりました。ちょこちょこ補足していきます。

①携帯と財布をおいて手ぶらで街に出た

これはいつかの記事でしゃおろんさんが書いていたんですが、今日初めて実践しました。

どうだったかというと、、

はい。

めちゃくちゃいいです。

街に出ている間、10回くらい右手のポケットに手が伸びましたからね。
そこにもう君はいないのに。

その1回1回で、他の凄腕の即ツイートを見たり、LINEの返信どうしようとか悩んだり、無駄に開いてた食べログページ見させられたりしてたかと思うとぞっとします。

普通に集中切れますし、ナンパするときはナンパのことだけ考えてればいいですよね。
twitterでほかの凄腕すげーとかなるとしょんぼりしたりしたりしがちですし。

何より今回は、
(別に俺番ゲとか連れ出しとか狙ってないし)
というスタンスになれたのが良かったと思っています。

ただただ声かけて、自分が楽しむニュアンスですね。

②声掛けんくても別にいい、ぶらっとしよう、という感じで街に出た
とも関係してくるんですが、

即のために街に出る、
とか、
番ゲや連れ出しのために街に出る
とかって、人によっては全然面白くなりがちです。

気合いが入る、ひと声一声に集中できる、とかってメリットがある一方、

成果に固執するあまり、成功以外全部楽しくなくなるかもしれない、
っていう莫大なデメリットがあることを覚えておいた方がいいですね。

小さな成果を楽しめなかったら、ナンパ活動なんて死んじゃいますよねw
10声掛け1即のまぁまぁな凄腕でも10人中9人はミスってるわけですから、
ミスった時にも楽しめないようでは続きません。
ひたすら苦行になります。僕のようにw

例えば

<今まで>
めっちゃ笑わせた!
けど番ゲすらできんかった!

鬼鬱(何があかんかったんやろ、やっぱエスが足りんかったんかな、もっと次はエスを意識して立場をどうたらこうたら…)

<今から>
めっちゃ笑わせた!
けど番ゲすらできんかった!

あー楽しかった、また声掛けよ~

って感じですかね。

ひと声ひと声での改善度はもしかしたら前者の方がでかいのかもしれませんが、
長期的に見たら楽しむ方がよいのは一目瞭然ですね。

声掛けの改善とかは潜在意識に任せといたらいいんです。
人の脳は賢いんで勝手にうまくいくように学習してくれます。
頑張れ俺の脳。

③自分がやってみたいと思うオープナーを試してみた

これまでは
いかにオープンさせるか、
いかに良い反応をとるか
いかに即につなげるか
みたいなことばっかり考えて声をかけてましたが、
今日は自分が楽しい声掛けばっかりやってました。例えば

・阿波踊りを踊りながら声掛け
・いきなり一発ギャグ
・「すみません、僕をヒモにしてくれませんか?」
・イチゴフローズンタピオカ片手に「スイーツ男子目指してるんですが、これで正解ですか?」
・マッチョなポージングをしながら声掛け

みたいなやつですね。反応は基本よくなかったりもしますw

けどなんか素が出せるっていうか、
笑ってくれたらおっしゃ!ってなるっていうか、
とにかく楽しかったです。

声掛けに正解ばっかり求めて、その先の平行トークにやカフェ会話にも正解ばっかり求めてたら、結局やってること受験とおんなじやんでまんがな、1ミリもおもろくないやつでべっしゃろby奥村
ってやつですね。

関西弁だったんでよくわからないんですが、こんな感じで言ってたと記憶してます。

そんでもって言うと、昨日発見したことなんですが、
楽しく声かけてくると、もっと実力つけたい!ってなるんですよね。

声かけて自分は楽しかった、けど相手は楽しくなさそうだった
→もっと相手を笑わせたい、楽しませたい

最初は相手も楽しそうだったけどテンションが下がっていった
→もっと楽しませ続けたい、維持したい

楽しませたつもりだったけど普通に帰られた
→もっと本質的な楽しさを提供したい

ってな感じで。
今までは即からの逆算ばかりしていましたが、
手前から、ナンパ楽しい!ってとこから始めるのもいいな、むしろそれ本質やな
って思わされた秋でした。

けど、これまで書いてきたことってたぶん、ほとんどの人ができてるんですよね。。

逆に正解ばかりを追い求め、楽しくなくてこれまでナンパを続けてきた僕をほめてあげたい気分です。
誰かほめてください。
DM待ってます。
そんじゃね~

あー楽しかった!!!!!!

Pocket


コメントを残す