牛乳天ぷらそばを食べずして食を語るべからず

Pocket


どーも、金太郎です。

 

最近花粉が多くなってきましたね。免疫機能が正常に働いている僕なんかはくしゃみが止まらない始末です。

 

花粉症だわーって言うと「どんまい」って顔する人がいますけどね、スギの花粉って要は

スギの精子

ですからね。

僕らは知らず知らずのうちに

スギの大乱交パーティー

に巻き込まれてるわけで。

 

透明人間もののAVでも精子かけられたらさすがに気づきますからね。

それを鼻から口からぶち込まれて何をへらへら笑っとるんじゃっていう。

 

それで正常でいられる方が異常事態ですからね。

 

けどまぁ、確かに無視しようと思えばできるわけですよ。花粉なんて別に人体に害があるわけじゃないですから。

 

けどやっぱり

精子

って聞いちゃうとどうもね。

 

くしゃみによって花粉を排出しようとする自分に「よくやった」って言いたくなる気持ち、分かっていただけるかと思います。

 

 

ってなことを考えているあたりから、金太郎ちょっと鬱気味なんじゃないかなって思った方は見聞色の覇気をお持ちなのでしょう。

 

そうです、実は昨日くらいまで何もやる気が出ませんでした。まぁ5日間くらいですがね。

 

人間なんて波のあるもの生き物なので、良い時があれば悪い時があって当たり前なわけですが、やはりできることならば良い状態を長く保ちたいと思うのが人の性というものでしょう。

 

僕も何かできやしないかと考えました。そこで、今更ながらこの記事を思い出しました。

 

 

「チョケ」ってやつですね。

 

まぁ要は、僕の解釈風に言うと、

やってみたい!と心が動くことで、かつ心理的に負荷がかかるようなことを、1日1個くらいはやるといいかもよ?

ってことです。

 

そうした、ちょっとした心の動き、ときめきみたいなものを無視することに慣れてしまうと

気づかぬうちにやりたいこと不感症になっていくんじゃないかと思うわけです。

 

その結果、

「うぇー何にもやる気が出ねぇー、やりたいことなんて何もねー」

ってなったとしても、

「いやいや、お前今までやりたいこと散々無視してきたやんけ(怒)今更おせーわ(憤怒)」

って心に言われても仕方ないわけですよね。

(この、心との謎のトークに興味を持った数少ない変人は、アルケミストっていう小説を読むと割と好きかもしれません)

 

そんでまあ、とりあえず、1日1チョケみたいなことをしようぜ!って友人と5人くらいでなりましてね、なんかいいやつないかなーって探してたわけですが、ちょっと前に別の友人が

 

カレー牛乳チーズラーメンっていうのが青森にあって~、

すごくおいしかった~♡♡♡」

 

って言ってるのを思い出したんで、

これや!!!とばかりにそれをカップ麺で再現してやろう。と思い至ったわけです。

 

そんでまあみんなでセブンイレブンに買い出しに行って(実際は面倒くさくて外に出るまで2時間思い悩みましたが)、

以下のものを買ってきました。

  • カップヌードルBIGカレー味
  • おいしい牛乳
  • とろけるチーズ

材料がそろったら、後は湯の代わりに牛乳沸かしてチーズのっけて作るだけですよね。簡単です。

 

牛乳を沸騰させると沸点降下が起きて温度が低くなるのか、3分じゃ麺がほぐれず結局5分くらい待ったかと思います。完成したのがこちら

明らかに美味いじゃないですか。

というかもはや既製品の域。勢い込んで食べましたがね、予想の3倍はおいしかったです。

これを商品化してもいいんじゃないかってくらい。

皆さんも是非やってみてください。おすすめです。

 

 

 

 

 

とまぁ、ここまではこの記事のいわば冒頭ですよね。

題名にある「天ぷら牛乳そば」はまだ出てきてないわけですから。

 

 

続きがあります。

 

おいしいカレー牛乳チーズラーメンを食べた僕が、いつもより高いテンションになったことは言うまでもないことで、となれば必然的に周りのやつらに勧める、という行動に出ることも容易に想像できるわけですよね。

 

「いやこれめっちゃうまいから。俺チョケたなーすげーチョケたなー」

「お前らもあれよ、やっぱ未知の世界に踏み込まなきゃだめよ」

「いやさすがだわー俺」

 

調子に乗りまくってる俺を見て、さすがにむっとしたのか、普通に美味しく食べるために買ってきていた天ぷらそばを手に取った友人A

A「じゃぁ俺、この天ぷらそばを牛乳で作るわ!!!」

 

画像イメージ

 

 

 

ポカーンとする一同。

 

俺「いや待て待て、それはさすがに予想つくわ。絶対不味いやん。」

A「いや作る。」

俺「だってそれ美味しいと思うか?別に心動かんやろ?」

A「いや動く。」

俺「自分で食べれるんか?残すやろ?」

A「いや食べる。」

 

そういうと早速牛乳を沸かしにかかる友人A。

見守る一同。

チーズをのせて牛乳を注ぎ、待つこと3分、そして完成。

 

 

うむ、これはさすがにヤバい。こんな居心地悪そうな天かす見たことない。

 

 

とりあえず出汁(スープ?)をAが一口。

 

 

 

・・・。

 

 

 

何も言わずもう一口。

 

 

 

(ん・・・?)

 

 

 

一同が感じる違和感。

 

 

 

黙って友人Bにカップを手渡す友人A。

 

 

 

友人Bがスープを一口。

 

 

 

一旦動きが止まる。

 

 

 

 

もう一口。

 

 

 

 

(・・・何だ、何が起きているんだ?)

 

 

 

(まさか・・・?)

 

 

 

そしてカップは俺のもとへ。

 

 

 

見た目は明らかにまずそう。

 

 

 

とりあえず一口。。。。

 

 

 

 

 

!?

 

 

 

自然とにやけてしまう。もう一口。。

 

 

 

 

うめええええええええええええええええええええええええええ

 

 

 

まるでクラムチャウダーのような、かといって魚介類があるわけでもなく、ただそばの出汁と牛乳がなんかいい感じにマッチして新しい何とも言えないスープが完成しており、その味はまるで老舗のフランス料理店が昔食べたそばの味を再現したかのようで(説明下手)

 

 

興奮する一同。

 

誇った顔をする友人A。

 

すがすがしい気持ちで称賛する僕と友人BとあとCとD。

 

 

浮足立つ気持ちでそばの麺をすする。

 

 

 

 

 

何か、そこまでうまいわけじゃない。

 

 

 

 

結論:沸かした牛乳をお湯の代わりにしてセブンイレブンの天ぷらそばを作るとめちゃくちゃうまい(※ただし麺はいらない)。

 

 

あと、中本に残った牛乳を上から垂らすってやつもやったんですが、それは見た目がグロくなっただけで普通に美味しく食べられました。

 

以上でーす。

ばいばーい

Pocket


コメントを残す